FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

行ってみたい美術館

谷村美術館です。
低い軒の受付を通ると、異形とも思えるような展示棟が見えます。建物は風雨に晒され汚れていますが、それによってますます『悠久の時間』を感じるような気がします。汚れは汚れではなく、建物を完成されるものになっているようです。『悠久の時間』を感じさせる建物は、展示されている『仏像』に、最もふさわしいと思えます。

tanimura  195

凹凸の空間には仏像が置かれ、上下左右最も適した自然光(暗い日のために、補助的な照明も入っているようです。)が入るようになっています。その他に調光可能な照明もあり、それによって仏像は違った印象になります。建築関係者の中には、一日を美術館のなかで過ごし、いろいろな光の変化のなかでの作品を鑑賞するという贅沢な時間を持った方もおられたようです。

tanimura  239

建物は地面から続きます。工事中の写真が置いてあり、竹箒を持って地面の小石を建物のほうに寄せている村野先生の姿がありました。

tanimura 209

美術館関係の方が、来館するのが、学校行事の子どもたちと、建築関係者で・・・と話されておられましたが、本当にもったいない話です。
8月1日~16日まで、特別公開されています。高速道路を使うと東京からでも、日帰りが可能です。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/08/03(月) 20:42:27|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<♀であれば、逡巡する時間が必要 | ホーム | 打ち上げ花火>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yk2labo.blog19.fc2.com/tb.php/145-9476de84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仏像 写真 鎌倉

仏像のデッサンに適した写真集・本を教えてください 仏像のデッサンに適した写真集・本を教えてください仏像のデッサンを描こうと思っております。おすすめの仏像の写真集や本などご存じでしたら教えてください。(続きを読む) 京都、奈良へ仏像を見に行きます。プランに...
  1. 2009/08/04(火) 00:21:54 |
  2. 仏像の世界