FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

新鮮な驚き

今度、小学校の2年生になる男の子へのプレゼントを探していました。身近にいる子どもたちを見ると、ゲーム機などが主流のようです。しかし、小さなそれを手にとって夢中になっている子どもたちを見ると何か違うような気がしていました。
いろいろ考えた結果、天体望遠鏡にすることにしました。星の本と共に。
喜んでくれると良いのですが・・・。

自然と楽しくつきあうためにという本を見つけました。『ほんとの植物観察』と言う本です。

ほんとの植物観察〈1〉ヒマワリは日に回らないほんとの植物観察〈1〉ヒマワリは日に回らない
(2003/05)
室井 綽清水 美重子

商品詳細を見る


その中から少し・・・、『オオイヌノフグリ』と言う、かわいらしい姿には似つかわしくない名前の花があります。花弁に触れたことはありますか?♀はこの本を読んで、初めてその花に触れ、驚きました。よく見かけていた花ですが、これまで一度も触れたことが無かったことに気付きました。

おおいぬのふぐり 004

オオイヌノフグリの花に触れてみてください。『ポロリと落ちてしまいます。』受粉するための仕組みの様です。本の中に『この花を見ていると、「野の花は野におけ」ということばを地でいく代表だという気がします。』とありますが、本当に摘むことができない花なのです!

おもしろい本です。
『知ること、発見すること』は、いくつになっても感動があり、新鮮な驚きがあることに気付きました。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2009/03/14(土) 23:42:26|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<待ち遠しいこと | ホーム | 感無量・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yk2labo.blog19.fc2.com/tb.php/102-24540a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)