FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

断捨離 とりあえず、自分から頑張りましょう!

ちょっと遅いのですが『断捨離』を読み始めました。

「収納する場所がないので、さらに大きな収納を」と考えている『親』に読んでもらおうかと思ってのことです。
うんうんと読み始めましたが、断捨離をやってこのように変わったと言う事例に、「思いを断ち切り離婚に至った。」とか、「新しい恋人をつくるのよ。」など。
内容は共感できるのですが、残念ながら読ませたい『親』には無理だなと。おそらく、ここで思考がストップしてしまうと思います。

暮れに、テレビのバラエティ番組で、芸人が親を馬鹿にしたと、しばらくの間怒っていましたから・・・。

新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」
(2009/12/17)
やました ひでこ

商品詳細を見る


断捨離を、やっておられる方も話していましたが、実家は一番難しいと。
とりあえず、自分から頑張りましょう!
それを見てもらうしかないかな。ハードルが高いなぁ。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2012/08/27(月) 21:33:22|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹寺 もう少し

飯能市の奥、カーナビの画面では途中までしか太い線ではないような道の突き当たりに竹寺はあります。
竹寺については、精進料理を出している寺と言うくらいの知識しかありません。
『竹』と言うことで、竹林の・・・三渓園のような竹林の中の、数寄屋のような寺院を想像していました。

車を止め、雑木の切れ目を覗くと、石の鳥居が見えます。まあ、寺と神社一緒でも神仏習合と言い、良くあることなので驚きません。

竹寺アプローチ 002

しかし、境内に入って驚きました。これは、牛頭天王。ここでは、牛頭天王(インドの神様ですね。)を祀っているようです。それでだけでなく、置いてある木彫りの彫刻も・・・何というか、インドのイメージなのです。

竹寺 牛頭大王012

入って右手を見ると、不発弾から造られた、平和を祈る鐘。吊っているのは、異系鉄筋(リブ付きの鉄筋。鉄筋コンクリートは、この鉄筋を組みコンクリートを流します)。
このようなものから、ご住職の人となりが伝わってくるような気がします。

竹寺 鐘

このような中で、竹の鳥居。さらりとした感じは、『竹』に対して思い描いていた範囲内。

竹寺 鳥居

先へ進むと、『茅の輪』のある鳥居。その先が、牛頭天王を祀っている朱塗りの本殿があります。

竹寺 茅の輪028

意外性が面白い『寺』でした。

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2012/08/24(金) 22:01:32|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の日記 ちょっとだけ顔を出してる・・・

わかりますか?

20120731 006

スイカが隠れています。
そろそろ収穫できるかな?収穫しないと、『これも』カラスに発見されそうです。

『これも』とは、すでに一個、育ち盛りのスイカがカラス(おそらく)の犠牲になったのです。
これって、とても怖いことです、なぜかと言うと『ここにスイカが植わっている。』と学習したに違いないからです。

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2012/08/04(土) 18:56:57|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2