FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

松涛美術館 もう少し

渋谷区の松涛美術館は、白井晟一氏の設計による、階段が美しい美術館です。美しい曲線に、いまはあまり見かけない職人さんの手を感じました。

松涛美術館kaisdan007

だいぶ店舗が増えてきたように思いますが住宅街にあります。自転車でちょっとという感覚が素敵です。

松涛美術館jitensya 086

開催されていたのは「大正イマジュリイの世界」展。
カルピスの初期の頃のポスターもありました。黒人の男性がストローでカルピスを飲んでいるポスターです。「差別では無いか」(本当にそうなのか疑問ですが)ということで見かけなくなりましたが、今見ても、素敵なポスターです。

竹久夢二の一筆箋を買い求めました。

松涛美術館yumeji 007

同じもの2つ?!(♂)ちょっとしたお礼に差し上げると喜んでいただけるんですよ!(♀)

スポンサーサイト



テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2011/01/16(日) 23:19:59|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の日記 いよいよ寒くなってきました

皆さん、昨日のブログにいただいたコメントを見てくださいましたでしょうか?
笑ってしまいました。
ご覧になっていない方のために、

<読んでから顔(目)を画面に近づけました。(新婚か!!) >

いつもブログを見てくださっている らん・ラン・蘭 さま です。
思わず笑ってしまいました。
本当にそうですね!!!

初段、知り合いの方が普段の力を出せず、残念な結果になったのです。
それを聞き、♂の合格はかなり難しいと思っていました。それが、何とかラッキーで初段をいただき、浮かれてしまいました。

『新婚』は、遠い遠い昔。
『KEN』の刺繍は、挑戦するわが子、何かできることは無いかと、見守る母の気持ちとでも考えてください。(笑)

hatake 110112 003

久しぶりの畑。
寒空に力強く地面に這いつくばっているほうれん草と、かろうじて生き延びていたちしゃを収穫。そのほかに、畑で『干し菜』になってしまったような小松菜を収穫。

もう少し持ちそうだと思っていた春菊がここ数日の寒波で、沈没。小さくなって見当たらなくなったような・・・。ちしゃも、白菜の陰は、確実に凍った様子。小松菜も、そろそろ限界か。
支柱をと考えていたソラマメは、倒れて折れて茶色になって・・・早く対応しなくて、ゴメンナサイ。倒れるだけ倒れなさい。春になって再び元気になったら支柱を立ててあげるからね。

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2011/01/12(水) 22:57:23|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し浮かれて気味。アマチュア初段

「やっちゃいけないと言っていることをやるんだからなあ。」。『全麺協素人そば打ち段位認定・・・埼玉大会』で、♂がそばを打ち終えた後、先生の第一声です。

それでも何とか、初段に合格したようです。
考えていたより皆さん気合が入り厳しい雰囲気がありました。その場の空気に飲まれ、実力を出せない人も多かったのではないでしょうか。

なぜ、♂が合格したのかが、帰りの車の中での♂♀の話題です。
  1.素人が一生懸命そばを打っているという、全身を使ったプレゼンテーションが上手くいったのかもしれない(♀)先生が言われたとおり、全身を使って水まわしをした(♂)
  2.人前で、上手くできなくても一生懸命やるということを、総持寺・永平寺での行事で鍛えられたのではないか(♂♀)
  ・・・・(その他いろいろ)
そして最後に、仏のご加護?こんなにラッキーなら、皆さんに仏門に入っていただかなければ(♀)・・・いやいや、檀家さんになっていただかなければ(♂)。

試験というと、3年ごとに受けなければならなくなった建築士定期講習でもありますが、落ちたとか再試験とか聞いたことがありません。
蕎麦打ちも、会場に到着するまでは何とかなるだろうくらいに考えていましたが、しかし、蕎麦打ちではみんなが合格できるわけではありません。伝わってくる緊張感が全く違います。「これで意味があるの?建築士講習」とちょっと思ってしまいます。(落ちても困るけれど)

soba 001

事前の情報は、清潔な格好で望まなければならない。白い襟付きのシャツ、白いズボン(「パンツはパンツ。ズボンはズボン。ズボンをパンツって言える訳が無いだろう!♂)白い前掛け、白い帽子・・・。
帽子は、蕎麦打ちクラブでみんなで買い求めた帽子がある。(これが結構決まっていました。)

無いのは白い前掛け。(これもエプロンだと様にならないので。前掛け。)
久しぶりにミシンを取り出し、作りました。おまけも。生成りに白の糸で「KEN」と刺繍しました。もちろんミシンの機能で。記録として残しておかなければ、忘れられてしまう。(池原事務所時代に、お弁当を作っていたのですが、すっかり忘れられて・・・。「作れるのかよ~!」とまで言われた実績があります。)


テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2011/01/12(水) 00:01:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

畑の日記 思い出しながら

風が冷たい12月27日。
昼過ぎだというのに土が凍っていて辛み大根が抜けない・・・。葉っぱだけがむなしく手にくっついてくる。大根は土の中。これは、凍っている!辛み大根の一大事!
明日の午後、遅い時間に出直そう。3時頃だったら、土も融けているかもしれない。

次の日、蕪と辛み大根を全部抜いてしまいました。
今思うと、良かったのか、悪かったのか???

hatake 101227 001

寒くて(乾燥して?)蕪の葉っぱがくてっとしています。蕪だけではなく、みんなうなだれています。
蕪は、土の中は1/3位で、ほとんどが外。日もあたり、これは簡単に抜けました。これは、葉っぱまで美味しかったので、また植えたいと思っています。
因みに、辛み大根の葉を食べることができたのは、ごく初期だけ。ガサガサと手に突き刺さりそうなくらい。食べてみようとは思えません。

期待の星そらまめも、くてっと。(これが、お正月明けには、凍って融けたような感じに。部分的に茶色になっていたりするのもあります。しかし、雑草は元気。

hatake 101227 003

意外と元気なのが、ちしゃ(レタスの仲間)。レース状になったキャベツの間で、やっと美味しそうになりました。
キャベツは、春先に急に巻いてくることもあるという、畑の大家さんの言葉を頼りに、もう少し様子を見ます。
でも、致命的なことが・・・。真ん中に虫食いの穴が!

hatake 101227 004

やはり巻かなかった白菜は、花を食べると良いと聞いているので、春まで待って花を咲かせます。

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2011/01/07(金) 22:16:19|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の日記

今年初めての畑。

ほうれん草が一番元気です。周りの大きな葉を収穫しています。そのうちに、中の柔らかい小さい葉が大きくなって・・・と、しばらく収穫できそうです。
とりあえず3回分くらいを収穫。

寒さが厳しくなるにつけ、野菜が筋肉質(?)になるような気がしています。
春菊も節が短くがっしり。アスパラ菜も、葉が厚く堅そうに。

hatake 20100106 032

ソラマメは、くてっとしています。何か支柱で支えてあげねば・・・。
道端にも生えるし強いと思っていたニラは、ダメのようです。
からみ大根と蕪は暮れに抜きました。
お蕎麦に添えようと思い、からみ大根を抜こうと思ったのですが、土が凍っていて抜けなかったのです。次の日、凍ってしまう・・・とあわてて抜いてしまったのです。
それでよかったのかどうか・・・???
雪の多い(埼玉に比べ)♀の田舎では、雪の下に大根、白菜などを保存します。掘り返すと新鮮な野菜が食べられます。

霜柱が融けた後の土は、ほっこりと優しく見えます。

新聞の片隅で見つけた雑誌の広告。
家庭菜園雑誌『やさい畑』。表紙には大きな字で「コンパニオンプランツ」。そして「新発売&人気野菜77種」。

やさい畑 2011年 02月号 [雑誌]やさい畑 2011年 02月号 [雑誌]
(2010/12/29)
不明

商品詳細を見る


買うことにしましょう!


テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2011/01/06(木) 23:23:57|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事の合い間に・・・

仕事の合い間に、ふと自分の最近の似顔絵を描いて、・・・・・誰にも見せられない・・・・

「お腹がすいたら運動する。血糖値が上がり食欲が抑えられ、自分に蓄積されたカロリーを消費する。」ためしてガッテン(NHK)。うん。今年はこれ!
食事の準備をしているとそんなに食べたいと思わなくなると常々思っていましたが、そういうことだったんですね。

久しぶりのブログです。
今年の畑のためにも、去年の記録を残さなければと思いつつ、新年になってしまいました。
これから、とりためた写真をもとに思い出し、記録することにしましょう!

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

  1. 2011/01/05(水) 21:04:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0