FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

楽しいこと 図鑑を見ること

ソラマメの様子が気になっているのですが、畑へ行くのはもう少し先になりそうです。
青森の実家の庭を探りました。

これは、ホトトギス。花の斑点が鳥のホトトギスのお腹の斑点に似ていることから名づけられたようです。
木陰に塊になって咲いていました。今年は美しいような気がしました。天候によって、花の咲く時期が変わったからでしょうか?

hototogisu 005

かわいらしい、ころんとした丸い実です。笹の葉の陰に隠れていたので何の実か聞くと『鈴蘭』とのこと。『鈴蘭』の実を意識してみたのは初めてでした。鈴蘭は、蘭とつくので「ラン科」(?)と思っていたのですが、「ユリ科」のようです。

suzuran 012

この花も、言われなければ見過ごした花です。一緒に歩いた母に名前を聞いたのですが、この辺から耳を素通りしてしまったようです。シラヒゲソウ?。ウメバチソウの仲間のようです。母は、この花が突然変異をして、ウメバチソウになるといいなと話ていました。時々様子を見ているようですが・・・。

sira 024

これも大事にしているようですが、なんと言う名前でしょうか?
これまでの写真を見ていただくとわかるように、ほとんどが地面より10cmくらいの高さです。知らない人(父)に雑草として抜かれることもあるようです。抜かれて悲しんでいますが、抜いてしまう気持ちもわかります。特に、花が咲いていない時は・・・。

aoi 025

これは、葉が鳥の羽のように繊細で美しかったので。名前を聞いたのですが、モロッコインゲンの収穫に気をとられ、失念しました。

027.jpg

最近ではインターネットでいろいろ調べることができますが、植物の名前を調べるためには、植物図鑑が大活躍です。それらしいものはないかと最初からパラパラと。もっと簡単に調べる方法は無いかともと思いますが、パラパラ写真を見ているのも楽しいものです。

スポンサーサイト



テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2010/09/29(水) 20:07:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

畑の日記 蒔いて一週間

蒔いて一週間後の畑。(9月25日)ぷつぷつだった緑の粒が、双葉になっています。

これは『辛み大根』。遠くから見て一番きれいに、畑らしくみえるのがこれです。元気です。これを蒔いたのは、♂。種が入っていた袋に書いてある通りに蒔いただけとのことですが、同じように袋に書いてあるように蒔いたほかの芽(『葉ちしゃ』を除きます。)は、それぞれ反省することだらけです。

karamidaikon 028

アスパラ菜です。筋蒔きと種が入っていた袋に書いてあったので、筋蒔きにしたつもりですが、ちょっと密度が・・・。大家さんの畑のように、パラパラと散らしながら蒔いたほうが良かったかもと。この密度から間引かなければなりません。それがちょっと、いいえ、とても寂しい。

asuparana 031

大きな苗は、畑の大家さんにいただいたキャベツ。葉の感じが、こんなに小さい頃からキャベツを思わせます。
周りの小さい緑が『葉ちしゃ』。キャベツの周りに、レタスを植えるとキャベツに虫が付きにくいと本を読んで、パラパラと蒔きました。『葉ちしゃ』はレタスの一種です。先日、何気なくTVを見ていたらレタスと読む漢字があるそうです。『萵苣』です。西アジアが原産といわれるレタス、いつ頃日本へやってきて、この字になったのでしょうか?平安時代すでに『ちしゃ』があったようですが、現在のレタスとは違うと、インターネットを調べていたらありました。

kyabetu 032

葉が縮れているこの苗は白菜。これも大家さんにいただきました。周りに、やはり『葉ちしゃ(レタス)』。レタスの種を一箇所に蒔いて、苗をキャベツや白菜の周りに植えるべきだったのではと、これも反省です。

hakusai 030

しばらく畑に行けそうに無いので、気がかりです。雨で少し顔を出していたそらまめの種も膨れて割れていました。楽しみです。30度を超える気温が一挙に寒いくらいになってしまいました。畑のためにも、もう少し暖かくなるといいなと思う日々です。
  1. 2010/09/27(月) 23:38:51|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の日記 芽が!

明日から留守のするので、進みつつある仕事の区切りが良いところまではなんとかという状況ですが、時間を見つけてタネを植えたばかりの畑へ。水遣りのためです。

ジョーロに水を汲んで蒔き始めると、小さな小さな緑が一列になって見えるのです。ここは、アスパラ菜の筋蒔きをしたところ・・・。感激です。
良く見るとキャベツと白菜の苗のまわりにも緑のぽつぽつが!
キャベツと一緒にレタスを植えると虫がつきにくいと本で読んだので、蒔いてみたのです。これは、恐らく葉レタス。
そして、辛み大根も!

カメラが無いのが、とっても残念で、残念で。こんなに早く芽が出るなんて、予想外でした。

昨日、蒔いたソラマメは、ジョーロの水に土が流され、顔を出しています。土の中に、青いのが点々と。カラスが狙っていそうなので、ぐっと土の中へ押し込んでしまいました。良かったのか、悪かったのか・・・?

まあ、とにかく水遣り、水遣り。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/21(火) 21:31:47|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の日記 種まき

小さな畑を借りることにしました。
苦土石灰5K、鶏糞10Kを土に混ぜ畝を作りました。あ~っ堆肥を入れるのを忘れました。(再度、掘り起こす根性が無く、今年はこれでやってみよう!)

そして、一昨日、種まきを。狭い割には、いろいろタネを買い込みました。

にら、子ねぎ、小松菜。
辛み大根。(蕎麦に合うので。そういえば、福井で食べた辛み大根のおろしそば。口の中がひりひりするくらい辛くて美味しかった。)
アスパラ菜。(茎もおいしそうです。アスパラのような味?ちょっと期待して。)
ほうれん草。(芽が出にくいと書いてあったので。種を水に浸してから植えました。)
さらにうれしいことに、畑の大家さんにキャベツと白菜の苗をいただきました。
ありがとうございます。
そして、水遣り。

実は、今年のメインは、ソラマメ・・・種を忘れてしまい、一日遅れて昨日無事植え終わりです。
なぜ忘れたかというと、タネには食べてしまわないよう、びっくりするような色がついているのです。ソラマメは、青と緑(2種類です。)。つやつや光って金属のようにみえます。すごいなぁと思って、見入って、そのまま机の上。
・・・情けない。
ということで、次の日も、ソラマメを植えるついでに、水遣りOK。

畑にタネを植えたら、以前にも増して、お天気が気になるようになりました。
雨もありがたいという気持ちです。(あくまでも、普通の雨ですよ。)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/21(火) 08:16:12|
  2. 小さな畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トンネルを通る人間をどう見ているのでしょう?

随分日も短くなってきましたが、夏の記憶があるうちに。
今年の夏は『水族館』でした。

この顔は!エプソン品川アクアスタジアムの海中トンネルの天井にピタッとくっついていました。トンネルを通る人間をどう見ているのでしょう?ノコギリザメです。

sw nokogirizame 035

ペンギン。まん丸です。浮き袋のようなものが体の中にあるのでは?と話していたのでが、中身(?)は脂肪とのこと。思った以上に、速い泳ぎです。健康診断の腹囲の測定で、少し力を入れへこませた♀は、以前に比べて浮きやすくなっているはず。泳ぎが上手くなっているかも・・・。

sw penguin 038

さて次は、越前松島水族館で。ハリセンボン。まん丸でトゲトゲしたイメージでしたが、通常は体にくっついているようです。少しおデブさんですが泳ぎやすそうな形をしていましたが、イメージ(丸くてゆらゆらと浮いていると思っていました。)と違いすぎました。水族館の中でも、プクーッとトゲトゲのまん丸になることがあるのでしょうか?

etizen 005

そして、ウーパールーパー。見ていると目がかわいいのです。海の中には、いろいろな形の生物がいます。ウーパールーパーには申し訳ないと思うのですが、神様がいろいろな生き物を創造し、考えが尽きた頃エイッと生まれたのではと思えるような姿だなぁと。

etizen 009

越前松島水族館からの眺めです。東尋坊から少し離れていますが同じような岩です。侵食されて崩れてゆく様が想像できます。

etizen  019

水族館というと、鳥羽の水族館の『イセエビの稚魚』が忘れられません。だいぶ前に見たのですが、透明な塩ビ板(模型で、窓を作るときによく使います。透明な下敷きのようなものです。)に針で、キリキリとごく小さなエビの絵を描いたようなものが、水槽の中でゆらゆらしていました。

それと、もう一つ。
葛西の水族館です。ディズニーランドのそばです。マグロとカツオの回遊を見ることができる大きな水槽があります。それも、最高!マグロやカツオが、メカニックにダイナミックに泳いでいる姿に、唯々感動するのみです。

テーマ:旅の記録 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/20(月) 23:47:42|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『乳がん検診』 もう少し

「乳がん検診 もう少し」は、もっと痛くない方法を考えてくださいという『御願い』につきます。

『痛い』というのは聞いていましたが、これほどとは・・・。

  1.マンモグラフィ: 縦につぶしてのレントゲン撮影です。もう一方が映らないようにするためでしょうか(痛いとは思いながら、考えられる理由を考えていました。涙をにじませながら・・・。)技師の方が、力いっぱい抑えています。皮膚が引っ張られる痛さと、つぶれる痛さ・・・。痛いと言われる技師の方も大変だったと思います。きっと。

  2.触診: これも痛い!以前受診した時の女医さんは、もみほぐすような(?)触診でした。(若干の痛みはありましたが、騒ぐほどではありません。)今回は、出っ張っているものは無いというような感じで、肋骨に沿って押してゆきました。モーゼの十戒のエジプトの海のように上手にお肉がどいてくれるわけはなく、押され、つぶされ・・・ヒーッと。
♂に話したら、「男の先生だったんでしょ。もみほぐしたら、セクハラって言われるし、大変だね!」と。本当のところはどうなのかわかりませんが、妙に納得できます。

2年に一回は検査をしてくださいと言われました。技術立国『日本』!次までに、なんとかしてください。御願いします。

痛かったのですが、今日の良かったこと。
『しこりは、こんな感じ』と乳がんの模型を実際にさわってわかったことです。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

  1. 2010/09/07(火) 22:35:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2