FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

テキスタイルデザイン研修の友人

ここ半年の間、♀にとって水曜日はテキスタイルの日です。前日は通常の仕事を終えると、課題に追われています。翌日は寝不足で参加することがほとんどですが、大事な時間です。

今日、テキスタイルの友人にローズマリーをいただきました。
香りが涼しさを感じさせることに気がつきました。
また、ガスコンロの魚焼きに入れると、香りが良いようです。(彼女より)
どうもありがとうございました。深めのプランターボックスに植えました。

また、もう一人の友人は、昨日健康診断を受けたようです。暑いのに、水も飲むことが出来ず大変だったようです。彼女は「こんな時期は、健康でなければ健康診断を受けられないわね。」とニコニコしていましたが、何も無くて安心です。

最後は、「頑張って(作品を)提出しようね!」と♀と励ましあう友人です。今度の作品も素敵になりそうですね!彼女らしい優しいピンクの色合いにどんな色がのるのでしょうか?

今日は、4人で狭山市の『なる堵』でおそばをいただきました。



スポンサーサイト



テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2010/07/28(水) 21:51:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんてショッキングなタイトルでしょう!

「談志が死んだ 立川流はだれが継ぐ」
なんてショッキングなタイトルでしょう!(談志師匠は、死んではいません。生きています。)
談志師匠と落語立川流一門による本です。

立川流顧問の山藤章二氏の前口上から始まります。
「談志とその弟子」師匠と弟子の関係です。しばらく積んであったのですが、この口上をきっかけに読み始めました。
全部抜粋したいくらいですが、一番頷いた場所。

「談志師匠、実は優しい人だから弟子全員に呉れたものがある。それがどれほどの値打ちのあるものか、たぶん弟子諸君は気がついていないだろう。
芸名である。「私、立川談志の××番目の弟子で ~略~ 」。聞いた瞬間、その弟子のうしろには立川談志の像が大きく浮かび上がる。」

談志が死んだ談志が死んだ
(2003/12/19)
立川 談志落語立川流一門

商品詳細を見る


ショッキングなタイトルも受け入れてしまうのは『落語』という世界の懐の深さか?

「相手の懐に飛び込んで、二十回のところを十回にしてもらおうというのが芸人としての正しい姿勢だと思うんだけど・・・」笑ってしまいました。建築の世界でも、そう思うこともあります。

テーマ:いいもの見つけた! - ジャンル:日記

  1. 2010/07/15(木) 19:58:08|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう少し 中村キース・ヘイリング美術館

南諏訪インターチェンジで高速を降り、この辺のはずと探しながら進むと、中村キース・ヘイリング美術館の赤い看板がありました。それにしても、電柱や、他の看板の美しくないこと!(デザインされた道路の標識はきれいですね。)

kh s

道から赤いサインに導かれ、よく手入れされた木立の中を抜け、小さな橋を渡ると美術館が見えてきます。(このアプローチも気持ちが良いのです。ぜひ、駐車場からの道を赤いサインに従って下りてください。)

黒い板塀が印象的に扱われています。

kh ent

エントランスからキース・ヘイリングの世界です。(許可を得て写真を撮らせていただいた写真です。)

kh r

行った当日は、お休みでしたがスパもあるようです。買い求めたポストカードの写真を見ると、入ってみたいような空間があったのですが、残念です。

kh sp

スパのゲートです。さりげなさが好きです。建物のスケールも『森の中のスパ小屋』という様子です。フィンランドでは、湖のそばにサウナ小屋があるようですが、もっと小さいとは思いますがこんな印象かもしれないと思っています。


テーマ:旅の記録 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/09(金) 08:26:02|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『坊主DAYS』の世界

友人が「(♂の)修行けっこう大変なんだねぇ。」と。
どうして?と聞くと『坊主DAYS』を、紹介してくれました。仕事が一段落したので、amazoneで頼みました。

坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
(2009/12/17)
杜康 潤

商品詳細を見る


臨済宗のお坊さんをお兄さんに持つ妹が、修行の様子を描いた漫画です。
仏教系大学を卒業し、一番怖いことが「中途半端な修行しかしないまま僧堂を出たやつらが、寺の住職になって、いろいろしでかした挙句、坊さん全体の評判を落とすことかな☆」と答えるお兄さん。

この本を読んだ♂の感想は、『優等生だ・・・。』でした。
結構楽しめましたが、このほかに、実際には漫画にできないような、(本人は大変だったかもしれませんが)笑えることがたくさんあった・は・ず(と、ここのところ強調)と、♂が申しておりました。
公の場ではいえないことを積み重ねた♂のようです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/05(月) 20:06:32|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0