FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

塩ラーメンに山椒

道路の反対側に『塩専門』と言う赤い看板がみえました。
これは『塩ラーメン!』と思い、期待しながらさっそくお店へ。

かつて自宅のそばにラーメン屋さんがありました。定食も出します。しかし、美味しいのは『塩ラーメン』だけ(個人的に)。塩ラーメンは絶品。これまで食べた、どの塩ラーメンより美味しい。
でもしばらくして、お店は無くなりました。

以来、ラーメン屋さんに入ると、美味しい塩ラーメンが食べられるのではと期待し、注文します。

meguro-sio.jpg

塩ラーメンとあるだけに、美味しいお店でした。
でも、特筆は『山椒』。
マスターおすすめで、胡椒の変わりに『山椒』を振り入れてみました。
・・・それが、美味しい!のです。
美味しいので、途中でさらに入れたのですが・・・それは失敗。入りすぎても美味しくありません。

今日、事務所のそばのラーメン店で塩ラーメンを食べて思い出しました。
今度、うちで挑戦してみよう!


スポンサーサイト



テーマ:いいもの見つけた! - ジャンル:日記

  1. 2010/04/18(日) 21:07:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残すと言うこと

村野藤吾先生の大阪新歌舞伎座等、建築的に残すべきではないかと思われるような建物が壊されています。唐破風が並ぶ独特な外観でした。
次に建てられる建物がのスケッチが発表になっていましたが、『唐破風が並んだような外観を持つ』デザインだったように記憶しています。どうも好きになれそうにありません。
村野先生の歌舞伎座をできるだけそのままのかたちで残すか、それが難しいのであれば、全く違った優れた建物を建築すべきだと思いました。

mituihonkan02jpg.jpgmituihonkan03  095

三井記念美術館は重要文化財三井本館に隣接し、アトリウムには三井本館のコリント式の柱を正確に刻み込んだエッチングガラスのスクリーンがあります。
建物の記憶(ここでは違いますが)を残す一つの方法として、美しい方法だと思いました。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2010/04/16(金) 22:21:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『本物を見る』ことの大切さ

4月11日まで、目黒区美術館でビュッフェの展覧会が開催されています。同時開催の藤田嗣治の展覧会を見たくて入りました。
サーッと見て通り過ぎようと思っていたビュフェの1枚の絵に、思わず立ち止まりました。
後ろを向いて立つ女性のお尻が、思いがけず柔らかそうなのです。並んでいるビュフェの絵で、それだけが違って見えました。
ポストカードがあれば欲しいと思ったのですが、セットで、それが図録を兼ねているようです。
他は、それほど欲しいとは思えないし・・・。
迷いましたが、あきらめました。

おそらく本で見たことがある絵だとは思いますが、これまではお尻の柔らかさに気付きませんでした。

あらためて『本物を見る』ことの大切さに気付きました。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2010/04/05(月) 23:53:13|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2