FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

一瞬のかわせみ

近くを流れる霞川で『かわせみ』を見かけました。
『かわせみがいる!』という、♂の声に、川面を見ると上を、目の覚めるようなターコイズブルーが横切りました。一瞬だったので、『色』しか見えなかったのですが・・・。
どこからやってきたのでしょうか?霞川散策の楽しみが増えました。

鳴き声が聞ける!CD付 野鳥観察図鑑―日本で見られる340種へのアプローチ鳴き声が聞ける!CD付 野鳥観察図鑑―日本で見られる340種へのアプローチ
(1999/04)
杉坂 学

商品詳細を見る


事務所で目覚めると、野鳥の鳴き声がします。声だけで、どこにいるのかわからないことがほとんどです。どんな鳥なのでしょうか?
そんな時、買い求めた本です。
古い本ですが、鳥の鳴き声のCDがついています。
時折、思い出しては引っ張り出して聞きます。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/28(木) 21:24:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張ってね、地方!

中津川で、38年ぶりにフォークジャンボリーが開催されるようです。
あの頃は、吉田拓郎とか・・・『原宿ペニーレイン』。友人に連れて行ってもらった記憶があります。『バーボン』なんて知らない頃です。

中津川。先日行ったばかり。
インターネットで調べ、『花更紗』という宿に泊まりました。
隣の『中津川市健康・・・』と看板がかかったスパ『クアリゾート湯舟沢』と建物が繋がっていたので、フロントで聞いたところ、宿も第3セクターの施設と教えていただきました。♀は、第3セクターと聞くと『頑張ってね、地方』という気持ちになり、応援したくなります。

とりあえず、スパにも追加料金なしで入れるとの事。ジャグジー、ジェットバスその他いろいろを想像しながら、タオルを持っていそいそと出かけました。ところが、残念!水着が必要でした。(沈没)
せっかく来たので、お風呂に入って・・・。温泉で温まり、いい気持ちで部屋に帰ろうとしたら、スリッパをはいていないことに気がつきました。
『私は、どこでスリッパを脱いだのでしょうか?』と、間の抜けた質問をし、無事部屋に帰ることができました。

花更紗』で戴いた、飛騨牛は絶品でした。♀には、もう少し少なくてもOK。お腹がいっぱいになりすぎ、目の前のご馳走を食べることができませんでした。(朝の、朴葉みそも大好き!)
お世話になった宿の方々!気持ちのよい対応をしていただきありがとうございました。
今度は、水着持参!です。







テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/25(月) 21:11:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ、生物がこれだけ大きくなったのでしょう!

そうです。
富岡へ行く機会があったなら、ぜひ『群馬県立自然史博物館』へも立ち寄ってみてください。

圧倒的な恐竜の大きさに、たちすくみました。
2階吹き抜けの天井まで届きそうな、『ブラキオサウルス』。なぜ、生物がこれだけ大きくなったのでしょう!こんな巨大な生物が、どのくらいいたのでしょうか?人口密度ではありませんが・・・。気候の変動があって、食べるものがなくなったら・・・絶滅した理由がわかるような気がします。

子どもたちが大好きな恐竜ですが、大人でも感動します。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/23(土) 16:46:15|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文五郎倉庫 もう少し

信楽 『文五郎倉庫』 
印象的だったので、もう少し。

築50年のコンクリート造の建物を改修した空間です。奥田章さんの器が置いてあるショップと、ワークショップを開くことのできる空間、5代にわたる文五郎窯の歴史を感じることができる空間からなっています。
当初は鋳込みの作業場だったとの事ですが、その後、倉庫として忘れられたような空間になっていたようです。
改修により、大きくイメージを変えました。

各室にある2つの窓の一つ。外は竹林です。
文五郎倉庫 内観20275

杉の型枠の壁・天井には、圧力をかけた鋳込みの作業で飛び散った粘土の跡。
外壁には、こすりつけた陶工の手の跡。
文五郎倉庫天井8
文五郎倉庫手4

外観。小さな3箇所の窓は、当初からあったようです。
改修による白い扉・庇を支える柱・梁。好きなプロポーションです。
文五郎倉庫外観265

こんな細い道の先にあるの?と思いながら坂道を登りました。「車が、いっぱい、いっぱい。」(近所の人)の道です。
案内板は、帰る途中で気がつきました。
後ろのさびた鉄も、オブジェ?
文五郎倉庫 案内294

そして、奥田章さんの作品。
欲しいものばかりで・・・。
文五郎倉庫 naikan 3

また、訪れたいと思っています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/19(火) 20:18:49|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衝撃を受けた『庭』

とても建築的な庭です。
塀の下の『鏡』も、この庭の大きな魅力の一つだと思います。見る方向によって、映る石組みの形が変わります。また、庭という現実の領域を超えた空間を感じました。

バラと mirror 139

床面(地面)を構成しているのが、緑の芝と、炭の小口(切断面)。
壁の漆喰の黒と、床の黒、芝の緑という抑えられた空間の中で、石組みの美しさが際立ち、バラの美しさが際立っているような気がします。

バラと sumi 133

炭の小口。じーっと見ると、なんてかわいらしいのでしょう!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/14(木) 23:27:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

社会科の記憶

『富岡製糸場』は、♂♀が、小学生か、中学生の頃の社会科の教科書に出てきた建物です。結構記憶しているものですね。上信越道を通るたびに、教科書に出てきた建物が、ここ(富岡IC)で下りると『ある』と、気になっていました。

ゴールデンウィークが終わって初めての日曜日に出かけました。ETC高速道路1000円になって、どんな様子なのか知りたくて、車で出かけました。走っている車の多くは、♂♀の世代より少し上の世代のご夫婦という印象でした。出たのが、お昼少し前という、時間的なものかもしれませんが・・・。

入間市の事務所から、SAに立ち寄りながら2時間強で到着。車は多いように感じましたが、特に渋滞も無く到着。帰りは、花園ICの手前くらいで渋滞。渋滞で追突したのか、追突事故で渋滞したのか・・・。
そういえば、頷くことが多かった『渋滞回避術』という記事を思い出しました。


富岡 034 富岡 situnai008
富岡製糸場『西繭倉庫』と、『検査人館』の内部。検査人館は、フランス人技術者の住居だったようです。天井に見える格子が効いています。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/12(火) 01:34:09|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマリリス エメラルド 2

予想とは少し違う花をつけたアマリリス エメラルド。グリーンの花で、周囲、花の脈?(葉なら葉脈)に赤い筋が入っています。
買い求めた時の鉢についていた写真は、赤い部分はもっとチョコレート色で、その分量も、もっと多い・・・もっと強い印象の花・・・。

でも、アマリリスも自然のもの。それぞれ違って、当たり前。これが、個性・・・かな。

amaririsu 038

アマリリスは、潔いくらい、すくっと伸びて花をつけるのが魅力です。
ポキッと折れてしまいそうだった茎を、折れないで上に成長するよう、支え、お日様の方向も考え・・・手をかけているうちに、愛着がわいてきました。

amaririsu 007

だいぶしっかりしてきましたが、このようなバランスで鉢に植えられているより、潔く切り、透明なガラスの花瓶に活けたら、もっと魅力を増すに違いない・・・。
花を切ると球根は、養分を取られることなく大きくなるかもしれない・・・。

切って花瓶に挿すことが、『生かす』事なのかもしれないとも思うのですが・・・。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/10(日) 02:09:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔女になるための修行

見そびれていた『西の魔女が死んだ』をDVDで見ました。

おばあちゃんの、丁寧な話し方が好きです。学校へ行くことをやめた『まい』に話しかける、少し距離を持ったように感じるけれど柔らかく包み込むような、圧迫感の無い話し方。心地よい、声。

その中で、おばあちゃんが『まい』に話した、魔女になるための修行『自分で決めたことを、やりとげる』は、一年前♀が、♀に果たしたことでした。
結婚した時買い求めた『十年日記』・・・三日坊主でした。家計簿・・・これも三日坊主でした。その他いろいろ・・・三日坊主でした。
そんな♀が、自分で続けると決めて始めたブログ・・・一年間、続けることができました。実は、快挙です。

もう一つ、印象的だったことは、おばあちゃんが焼いたパン。美味しそうでした。
バターとジャムをつけたサクッとしたトースト・・・。

ENGLAND STREET. 016

工事中の現場に行く途中、気になって入ったら、『ENGLAND STREET.』という、おいしいパン屋さんでした。マンションの1階なのですが、店先には、ちょっとした空間があって、たくさんの鉢が置かれています。♀が、好きな花ばかりです。
少し引っ込んで扉があります。
照明を落としたお店の雰囲気も、♀が好きなパンに似合っています。小さい干葡萄と胡桃がたくさん入った、『カレンズ』という、ずっしりと重たいパンです。ワインにも合います。良い香りがする自家製ベーコンを使った『ベーコン エピ』も、欠かせません。

お近くの方・・・うらやましいです。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/06(水) 00:51:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマリリス エメラルド

富山で買い求めたアマリリス。すくっと伸びた茎の上に美しい花が咲く予定だったのですが・・・。
なんとなくV字バランスのような格好をした茎だと思いながら、日々観察していました。(お日様に当てたり、引っ込めたり・・・)

amaririsu 008

気がついたら、V字バランスどころではなく、どんどん広がって、ポキットいきそうなくらいになってしまいました。(因みに、先端は蕾です。)
あぶない。あぶない。

今は、茎の下から1/3位のところに、貼ってはがせるメンディングテープを貼り、2本とも上に向ってまっすぐになるよう矯正中です。(毎日、2本の茎がくっつくよう、無理をしない程度にテープで感覚を狭めています。)
ここ数日でわかったこと。
  1.光の向きが影響しているということ。
  2.2本の茎と2枚の葉でバランスをとっていること。矯正中の現在、茎は、だいぶ寄ってきましたが、2枚の葉は、突如現れたメンディングテープに困惑し、迷走中のようです。ねじれ始めました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/04(月) 11:43:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パパの歌

忌野清志郎さんの訃報を知りました。
まだ、58才。

だいぶ前になりますがTVで忌野清志郎さんの『パパの歌』が流れていました。清水建設のコマーシャルです。
昼間のパパは、ちがう。光っている。いい汗かいている。という内容だった記憶があります。
印象的なCMでした。

ご冥福をお祈りします。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/05/03(日) 12:54:38|
  2. 忘れたくないこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0