FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

崩したくない一万円札

私たちの、事務所の主な暖房は、灯油のファンヒーターです。
窓に布をたらしてから、ぐっと灯油の消費が減りました。

今日は久々に灯油を買いに、スタンドへ。
少し前に比べて、灯油も安くなったと、お財布を開けたら、1万円札が一枚。崩すとあっという間になくなるような気がして、大事にしていた一万円札です。

機械に向って、元金購入のボタンを押し、一万円札を投入口に入れたら・・・『紙幣づまり』との事。あれっ、まだ入れていないのに・・・。私の前に給油した人が忘れていったのかも・・・と、インターホンで係りの人を呼びました。
係りの人は、ちょっと見て、一言『お金を入れたら手を離してください。』と・・・。

こう言うしかないですよね。
『すみません。手を離したくなかったんですぅ~。』(♀)



スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/31(土) 20:11:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

気がついたこと

♂がポケッとしていたので、ちょっとちょっかいを出した♀は、おでこをゴツッと自爆。
♂は、「僕じゃない。僕じゃない。」

これが、逆だったら、♀は、きっと「♂が、悪いんだからね!」
・・・よその人には言えないけれど、♂には言う。

言葉の端っこに、性格が出るものらしい。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/01/27(火) 00:32:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちいさな『ホコリ』

芝浦工業大学は♀の母校。それなりに、ホコリを持っています。
どういうホコリかと言うと、♀が在学していた頃なのでずいぶん前になるのですが、女性用のWCに、着替えることができるスペースがありました。ストッキングが破れたときなど、ありがたい場所でした。

女子学生は数えるほどでしたが、その数人の事を、きちんと考えてくれている大学で学ぶ事ができたという『ホコリ』です。

新しい豊洲の校舎のWCは、ウォシュレットがついて、手を差し伸べると自動水栓から温水が出てきます。・・・うーん、♀の感覚では、ちょっと違うような気がしましたが・・・今は、そんな時代なんですね。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/01/20(火) 21:32:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

怖かったこと

駅のホームの照明がすべて『青色』と言うのは、少し嫌だなぁと思っています。ホームにいる人の顔が、照らされて・・・青くなっていることを想像すると、少し怖いような気がします。
事故の可能性の高い、ホームの先頭と末尾であれば、OKです。

私たちの事務所から、最寄の駅へは坂道を登らなければなりません。
夏の暑い夜でした。坂道を上りながら、ふと見上げると、若い女の人の顔が青白い光に下から照らされ、浮かびあがっています!
驚いて、息をのみました。

携帯電話のメールを打ちながら歩いていた人でしたが・・・。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/01/13(火) 19:48:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

坂道を登るコツ?

事務所から、最寄の駅まで急な坂道があります。
坂道を登らない日が2日続くと、3日目は、心臓がばくばくします。

先日、坂道を登るちょっとしたコツを教えてもらいました。
2回吸って、4回吐くのです。
やってみました!確かにOKです。(呼吸に気をとられ、心臓がバクバクするのを忘れていたのかもしれませんが・・・。)

でも、冷たい空気に鼻の奥がつ~んと痛くなりました。
これまでは、口だけで呼吸していたのかも・・・。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/01/09(金) 23:27:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七草粥

同じ団地に住む方に『七草粥』を戴きました。
七草の他に、ちいさく刻んだ鶏肉も入り、ゆずの香りがしました。

七草粥

優しい味でした。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/01/07(水) 19:00:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

・・・

頭で理解できても、身近なものとして感じられないことが多いことを、あらためて感じています。
年末に多くの人が解雇されたニュースが流れていました。その切実さを、おそらく理解できていない自分に気付きました。今、自分にできることを考えています。

小さな建築設計事務所も、なかなか切実な状況ですが、丁寧に生きてゆきたいものです。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2009/01/06(火) 19:50:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛天

宇治の平等院の『飛天』は、それぞれが雲に乗り、楽器を奏で、舞い、あるいは合掌するなど、生き生きとし、これまでで最も印象的で、好きな、仏像群です。それぞれが個性的で、対していると時間を忘れます。

一般的には雲中供養菩薩と言われ、本来であれば平等院の本尊を囲むように、北と南の壁の上の方に、それぞれ26体配されています。そばで見ることはできません。
わたしたちは、平等院に隣接している鳳翔館に展示されている『飛天』に出会いました。目線より少し上に置かれ、スポットライトで効果的に照らしだされ・・・より、印象的な出会いだったような気がします。『天上の幸福』を余すところ無く伝えているように感じました。

hiten

平等院のミュージアムショップで買い求めた絵葉書から。

学生時代に友人と、土門拳美術館を訪れ、仏像の写真を見て圧倒されたことがあります。友人も同じだったようです。彼女にも、ぜひ見てもらいたい仏像です。
きっと、感動してくれる事でしょう。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/01/05(月) 20:29:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3