FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

野菜の品評会

増築の相談に行った市役所のホールで、野菜の品評会が行われていました。ほうれん草、大根、サトイモ、白菜、にんじん等。
賞を取ったものと取らないものを比較すると、どのへんが評価されたのか、おぼろげながら判るような気がします。しかし、並べられているものはどれも、♂と♀が普段食べているものより、丈夫そうで、がっしりして、ちょっとやそっとでへたらないように見えました。

大根は、つやつやと、ヒゲ根の少なく、葉が間延びした感じではないもの、サトイモは長いものより球に近いもの・・・あくまで、素人の感覚ですが。

14時から、売り出すと書かれていましたが、一体、どのくらいの値が付けられるでしょうか?

ほうれん草

見事なほうれん草です。比べると1等というのは納得です。葉は、大きすぎず小さすぎず、そろっていて、肉厚で、葉の裏に見える葉脈がしっかりしているものが選ばれているように見えました。

『葉の裏に見える葉脈がしっかりしているもの』については、これまで気にしたことが無かったのですが、『ほうれんそうの見方』を発見したような気がして(実際はどうなのかわかりませんが)、少し得意になっています。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/28(金) 19:34:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストーブで豆を煮る

昨日とはうって変わり、寒い日です。
ストーブを出し、昨夜から水につけておいた金時豆のなべをのせました。コトコトと丁度良い火加減で、出来上がりが楽しみです。
ストーブを消した時の匂いが嫌な♂の留守を狙って作ります。(作らされます?)
「豆を煮て置いて!」と言ってでかけました。

ストーブやストーブの上で煮物をすることは、ともに水蒸気が出るため、『結露』という観点からは不適切なことですが、冬の楽しみの一つです。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/11/27(木) 20:10:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道すがら 空など 2

伊那谷で降っていた雪も、諏訪盆地到着の頃には止み、一路宿へ。宿は、コマーシャルで有名な「池の平ホテル」。夕食が『バイキング』ということで決定。

雪が心配なので、ホテルへ電話し様子を聞くと「・・・融雪剤・・・除雪・・・」との事。
???ちょっと違いすぎる・・・茅野駅周辺は晴れ。コートも薄いので大丈夫なのに。
ともかく、車を駐車場に入れ、タクシーで。
茅野から蓼科へ向うが、茅野の様子とあまり変わっていない。融雪剤・除雪・・・ホントかな?
途中で左に折れ、間もなく周辺の様子が激変!『冬』に!!
チェーン規制も!

様子を終えてくださったホテルの方、どうもありがとうございます。ほんの少し、疑った私たちをお許しください。

181白樺湖

標高1450mの白樺湖到着。茅野の駅は標高790m。100m高くなると気温が0.6度下がるというが、単純に当てはまらない様な周辺の様子。茅野の駅前はそれなりに暖かかったのに・・・。

198白樺湖

翌朝は気持ちのよい青空。スワンの白がまぶしいくらい。

062近江八幡

中央道から『甲斐駒ケ岳』か、くっきりと見える。

275中央道

そして、富士山も。



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/25(火) 19:23:44|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道すがら 空など

行き。(入間から、近江八幡)
ETCの50%割引を期待しAM3:40自宅を出て、圏央道から中央高速。

諏訪SA 008

諏訪湖SAでやっと朝の気配が・・・。寒くて震えていたら、温泉の看板を発見。サービスエリアに温泉が!うれしい!!♂と♀は、タオルを持って、いそいそと温泉マークのあるほうへ・・・しかし・・・AM10:00からとのこと。えっ、そうなの?!
持ったタオルを上着に隠し(ふられた後のような気分。ちょっとテレが入る。)、熱い缶コーヒーをホカロン代わりにして、サービスエリアの椅子で、しばし暖をとる。

031中央道

中央道。山の重なりが美しい!まだ早い時間に中央道を南下出来ていることに感動。「朝を有効に使うと一日が得した気分になる。」(♀)「百回聞いた!実行しろよ。」(♂)

帰り。(信楽から)
長野県では雪の予報も出ていたけれど、信楽は爽やかな良い天気。

142新名神

2008年2月に滋賀県草津と三重県亀山の区間が開通した『新名神高速道路』は広くて気持ちが良い。春に比べ交通量が増えたようだが、まだ少ない。

145伊勢湾岸

伊勢湾岸自動車道。はじめて通ったのは夕方だったと思う。その頃は車の台数も少なく、『映画の中の未来』のようだ(?)と思った。
東海環道も含めて、さすが、名古屋。(名古屋市内を縦横に走る『100m道路』は有名。トヨタの本社も近いし。)

171中央道

東海環道から中央道に入ってまもなく。
なにやら天候が怪しい。車の上は青空も見えるが、進行方向が暗い。前方左側、雲から地面に向って降りている『白い』もの。こんな雲は初めて見る。・・・雪かも。

いよいよ暗くなってきて、不気味な感じ。恵那峡SAで予定していた休憩を中止し、先を急ぐ。もう少しで日本で4番目に長い、恵那山トンネル。(おおよそ8.6km)

179中央道

長いトンネルを抜けると・・・雪だった。はじめは、ちらほらと。
それが、こんなに!道路わきにも、積もりつつある『雪』。

「ワイパーの上に雪が積もったのや、フロントガラスのワイパーで取りきれないところに雪が残っているのとか、一番大変だったのは撮らなかったのか?」(♂)「その頃は、固まってました。(車は夏のタイヤ)緊張し、背中も、肩も固まって・・・。」(♀)

11月なのに・・・!





テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/24(月) 19:02:22|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出

小金井の江戸東京たてもの園で。

たてもの園子ども 235

幼い頃、釘で地面に落書きをしたものです。
日が暮れるまで、描いていた記憶があります。楽しかったのでしょう。

バスも、こんな形でした。

たてもの園バス 006

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/11/16(日) 20:48:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干し柿

青森の道の駅で柿が一袋300円で売っていました。
高校生の頃、青森県に甘い柿の木を植えても、渋くなると聞いたことがあります。
当然、売っている柿は渋柿でしょう。でも、300円!

干し柿作りに挑戦することにしました。出来上がりが楽しみです。

柿 002

手前の良くできている干し柿はいただいたもの。
奥の、ぼやっと映っているのが、私たちが剥いた柿です。51個ありました。予想外に、黒くなってきたり、カビにも悩まされています。小さい虫も寄ってきます。負けずに、毎朝・毎昼(?)・毎夕、様子を見ています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/15(土) 18:22:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

oh! no! マイケル

もう少し、暖かかった頃・・・

♂「写真撮ってきた(^^♪」
♀「このポーズ!・・・もしかして、ウ・・・」
♂「違う、違う、逃げるとこ。」

nekoマイケル

小林まことの漫画『What’s Michael? 』です。
面白くて、読んでいたのですが、ときどき、そっくりです!

What’s Michael? (1) (講談社まんが文庫)What’s Michael? (1) (講談社まんが文庫)
(1994/12)
小林 まこと

商品詳細を見る

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/11/14(金) 18:26:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図書館(もしくは書店)でしか出会えなかった本

本を紹介したついでに、もう一冊。

大切にしている本です。
図書館で見かけ、借りてきたのですが、手元に置きたくて買い求めました。
初めてクラフト・エヴィング商會というユニットを知りました。これは、中でも、一番最初に出会い、一番印象的な本です。

どこかにいってしまったものたちどこかにいってしまったものたち
(1997/06)
クラフト・エヴィング商會

商品詳細を見る


最近では、ネットで本を注文することが多くなりました。
でも、私にとって、この本は、『図書館(もしくは書店)でしか出会えなかった本』です。手にとって、中を見て、読んで、そして、手元に置きたくなりました。

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2008/11/10(月) 19:44:16|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

透明感のある美しい立体を見る

青森県立美術館のミュージアムショップで、♂が少し変わった本を見つけました。
3D用のメガネが付いていて、それを通して、透明感のある美しい立体を見ることができます。
こんな本を買ったんだよと紹介したくなるような一冊です。

任意の点P任意の点P
(2003/04)
慶応義塾大学佐藤雅彦研究室佐藤 雅彦

商品詳細を見る


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

  1. 2008/11/07(金) 21:05:09|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森へ行き埼玉の事務所に戻るまで、二人で交代で運転したおおよそ1700kmの行程は、空を見ながらの旅でした。
天気が変わりやすい状態だったようで、刻々と変わる雲に『空の大きさ』を感じました。

sora 179
正面に八甲田を望む萱野高原です。
長生きの茶屋があり、下のような看板がありました。
萱野高原 192
お茶は一ぱいにしました。


sora 332

sora337.jpg
最後は、冠雪した岩手山です。

今晩の事務所はしんしんと冷え、この時期初めてストーブをつけました。・・・暖かい。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/11/06(木) 23:45:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2