FC2ブログ

もう少し

つたえきれなかったこと もう少し

アウトレットパーク 見聞録

三井アウトレットパーク入間の床の舗装は、厳しい予算の中、いろいろ工夫しているような印象を受けました。歩道はカラーモルタルでしょうか、葉っぱのレリーフがあります。
iruma

何の足跡だろう・・・

アウトレットパーク入間 足跡009

アウトレットパーク入間 兎 006 たどると、うさぎが!

アウトレットパーク入間 オブジェ019
子どもたちが遊んでいたオブジェ。床が石畳だったら、もっとよかったのに。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/29(金) 19:20:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと変?

各設計事務所に一人置く管理建築士の講習は、事務所でも申し込みをしたのですが、『申込用紙がないという理由』で受けることができませんでした。関東近県は、配布されてすぐ無くなったようです。『地方でもし用紙が余っていて手に入れば、埼玉で受験可能』と言われました。

ちょっと、変な感じです。すべての設計事務所の管理建築士が資格を取得する必要があるのに、その申し込みできないのは。人数が制限されているためでもなく、会場がないという理由でもなく、ただ申込用紙がないと言う理由で申し込みができないのは。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/28(木) 19:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東寺 弘法市で手に入れたもの

弘法市では、いろいろな骨董に混じって、『光琳の茶碗』が売られていました。払っても取れないようなほこりのついた桐の箱に入ってです。結構な金額でしたが、本当の光琳作の茶碗であれば、そのような金額で買えるわけがないというような値段が付けられていました。
『目利き』が価値のあるものを見つけ、わからない人は失敗する世界なんだと妙に納得した記憶があります。

裁縫箱001
20年以上前の、京都の東寺の弘法市で、気に入って求めた『箱』です。(ちょっと自慢)
♀は、これに7000円の値をつけ、売り手と交渉し、今は、裁縫箱になっています。当時、7000円は、清水へ飛び込むような金額でした。かなり大げさかもしれませんが、建築家の設計事務所に勤めると言うことは『修行のようなもの』と言う考え方が残っていて、恐ろしく給料が安かったのです。

竹で作られた握りが気に入ったのが大きな理由ですが、それを生かしているのは、引き出しに余分なつまみ等が無いことと気が付きました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/27(水) 22:53:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何の本でしょうか?

人の記憶にある物の大きさは、実際より大きく認識されるようだ。となんかの本で読んだ。(♂)

子どもの頃に見た物を、大人になって見て『こんなに小さかったのか』と思うことはよくある。それは、『子どもの自分』を基準にしたスケールで見たものを、『大人の自分』に当てはめた場合、小さくなると言うのは納得していただけるかと思うが、大人が過去に見て記憶している物も、実際に確かめると、思ったより小さいと感じるようだ。となんかの本で読んだと言うことですね。今度、何の本だったのか教えてくださいね。(♀)

根拠:結婚した当時、帰って来て『これ、なんと言う料理?料理の本に載ってた?』と聞いたのは誰だったのでしょうか?(♀)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2008/08/25(月) 21:46:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広さの概念

江戸東京博物館の面積は、48,000㎡。
頭の中で、48mの幅で、1,000m(1km)の長さの面積です。
広いでしょう?

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/24(日) 15:05:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖☆おにいさん

Dr.Masumi 様 

埼玉のd-labo(♀) です。
コメントに失敗したので、トラックバックに挑戦してみました。
(成功するかどうか・・・少し自信がありませんが。)

『聖☆おにいさん』は、私も読みました。(好きな漫画の一つです。)
ブッダとイエスの、さりげない日常が好いですよね。
♂に、Dr.Masumiさんも読んでるって、話したところ「八戸の人は、みんな好きなんだね。」と。なんて大雑把な性格なんでしょう。
でも、面白いですよね。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/24(日) 14:04:12|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修行がたりない修行僧のつぶやき 1

本日のお題 「あいさつ」

♂は、その昔♀の実家がお寺であることは知らなかったし、気にも留めなかった。
結婚する時にも、♀の父親(住職)が、♂の名前を聞いて 「坊主なのか(^o^)」と、喜んだのも冗談と聞き流していました。
そもそも宗教的なものとは無縁だと思っていました。
が、人生解らないものです &#*82♭52;・・・・
大学卒業後 30年ちかく日本芸術院会員の建築家である師の元で修行させていただきましたが、
なにかの拍子でしょうか、『禅の修行も (;_;) 』させていただくことになりました。

修行僧「夏は、スイカだ~!!!」

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/21(木) 20:09:00|
  2. 修行僧のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう少し 三渓園

もう少し三渓園のディテールをお楽しみください。

三渓園 玄関 020 臨春閣 玄関


三渓園欄間 029 三渓園欄間 笙 041
臨春閣 こんな欄間も。


三渓園hasu  006 三渓園hasu  005
蓮の花もきれいに咲いていました。
 



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/20(水) 22:25:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶・・・正座が・・・

お茶室には、大変魅力的な建築がたくさんあります。
見たいですが、通常非公開の建物がほとんどです。しかし、お茶会の会場として公開しているところがあります。(三渓園も、通常は入れませんがお茶室として貸し出しているようです。)
茶室に入ってみたいと言う理由で、お茶を習ってみようと思ったことがありますが・・・問題は、正座です。
慣れると言いますが・・・。やってみたい気持ちはあるのですが・・・。(親友dr.masumiは、お茶もたしなむのです。私も・・・とはゆきませんでした。)

三渓園 茶室 056  原三渓作 茶室「金毛屈」

三渓園 茶室室内 057  金毛屈内部(一畳台目)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/19(火) 19:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『大親友』のブログに登場させていただきました

友人のブログに登場させていただきました!
とっても嬉しい ヽ(^o^)丿
『大親友』・・・・嬉しい・・・感涙。
その上、♂と♀のブログを見て、十和田美術館へ行ってくれた・・・。
更に、いつも、拍手をポチッと押してくれてどうもありがとう!!!

お盆は、♀が帰ることができなかったので残念。今度、電話して寄るね。

ところで、『ケサランパサラン』は、私ははじめて見ました。
気になるのは、載せているあったかそうな手です。
大親友dr.masumiのDNAを感じるけど・・・

では、では。

テーマ:\(^o^)/ - ジャンル:日記

  1. 2008/08/18(月) 18:14:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

♀が眠っていたわけではない証

今日は涼しい。雲って、ちょっと雨。
昨日までの暑さは,なんだったの・・・。

♂は、暑いながらも少し爽やかだと思われる(推測)青森のお寺で修行(お手伝い)。師匠(住職。♀の父親。♂は、♀のことを、直前にならないと何事もせず、おおざっぱだが変なところに細かいと考えているようだが、そのDNAの元)の、『臨機応変』と方言に悩まされていることだろう。
これも結構しんどいはずだが・・・。

しかーし、♀も、暑いさなか(当然エアコンは無い。)、塗装工、建具職人、炎天下庭掃除人の激務。
昨日まで、メ・ガ・ネ・が・曇・る・くらい一生懸命動いていたのに・・・今日は涼しい。
明日も、あさっても曇りの予定。
涼しいところに帰ってきた、♂は「あっ!事務所も家も、片付いていない!寝てたんだろう。」と叫ぶに違いない。

庭掃除で出た『ゴミ』を、捨ててしまわないで残しておこうかなと、ちょっと考えた。♂が、帰ってくるまで。
♀も一生懸命はたらいた証として。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/17(日) 14:13:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憂うこと

共同墓地の模型です。
石で作った、釈迦の手でもあり、蓮でもあるモニュメントを、植栽(イチイ)で囲いました。
石のモニュメントのすぐ後ろに、表に「南無阿弥陀仏」と記されたガラスが自立しています。裏には、蓮の花の文様が刻まれています。献花台には、偶然見つけた、美しい緑色の中国産の石を使っています。

浄楽寺模型70

♂は、曹洞宗の寺院で修行する機会を得ました。
設計にあたり、他宗派の先輩住職のお話を伺うことができました。皆さん、日本においての仏教が本来の姿ではなく、いわゆる「葬式仏教」と化していることを憂えておられました。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/13(水) 17:30:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『かなわない』という記憶

以前、ユン・チアン著「ワイルド・スワン」を読み、中国人の強靭さを感じました。

内容は、著者を含めた3代にわたる女性を中心にしたノンフィクションです。ユン・チアンは1952年に四川省の高級幹部の家に生まれ、14才の頃、文化大革命がありました。彼女と母、祖母を通じてその頃の中国が語られています。
自分と余り変わらない年代の女性が、中華人民共和国という国の歴史の変遷とともに、すさまじいとしか表現できないような生き方を強いられ、それを乗り越えて生きていることに『かなわない』と思った記憶があります。

「誰でもよかった」という、殺人事件を聞くたび、ひ弱さを感じてしまいます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/11(月) 22:59:55|
  2. 本・映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう

ブログを見ていてくれる友へ

ありがとう
それなりに 楽しかったね!

(今彼女は、すらりと手足の伸びた彼女の娘(かわいい)を通して、高校生時代を追体験しているようです。)

少し、うらやましいです。
また、落語聴きにいこうね。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/06(水) 23:29:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の風景

なんとなく、気に入っている写真。
自分には、この写真の上に、撮影したときの「記憶の中の美しさ」というフィルターが掛かって見えているかも知れませんが・・・。
もっと上手に撮りたい・・・と思いますが、技術の無さはさて置き、集中する気力、体力が不足しているようです。

何事も、基本は体力!か。

湿地 043

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/05(火) 21:32:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鍛鉄(たんてつ)って?

飯能市のあけぼの子どもの森公園のムーミン屋敷です。鍛鉄の手摺です。
屋根の、植物もいい感じです。

      ムーミン公園 004 

      鍛鉄照明 058   
鍛鉄の照明器具です。きらきらした灯りです。小さなクリプトン球でしょうか。
    
      鍛鉄照明018  
これも鍛鉄の照明器具です。照明器具の影がドーム天井に映り、不思議な気分を盛り上げているようです。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/04(月) 20:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森の公園の妖精

わかりますか?
屋上の手摺の向こうに森の精(?)がいます。
下から見ると、誰が来たか覗いているようでもあり、招いているようでもある楽しい森の精です。

ムーミン屋根遠景 041
そばまで行くと、屋根に上っちゃいけないと、子どもを守る妖精(?)になります。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/08/04(月) 20:46:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0